オープンキャンパスレポート 健康科学部 看護学科

今までのプログラムをご紹介します

健康科学部 看護学科

2016.8.21. Sun.

オープンキャンパス2016

オープンキャンパス2016

「感染を予防するための手洗い方法を体験しよう」

手洗い評価キットを用いて、きちんと手洗いができているかの評価しトレーニングを体験して頂きました。普段何気なく手を洗っていますが、意外と汚れが落ちていないものです。身近に触れる場所には、菌がどの程度付着しているの?普段の手洗いと看護師さんの手洗いはどのように違うのかな?などといったことを学び、雑菌が見える特殊な機材を使って「正しい手洗い法」の効果を実感して頂きました。学生スタッフが病院実習での様子をレポートするコーナーでは、学生一人ひとりの経験にもとづくリアルな体験談が紹介されました。

report_img06_shosai01

 

2016.8.7. Sun.

オープンキャンパス2016

オープンキャンパス2016

「赤ちゃんの呼吸数と心拍数を測定しよう」

赤ちゃんの呼吸数と心拍数の測定ができるバイタルサイン人形使い、実際に聴診器を持って測定をしていただきました。学生と教員がサポートしながら、大人との違いなどについての解説も行いました。また、新生児の体格を模した人形を使い、赤ちゃんの抱き方や授乳の体勢などについて体験するコーナーも好評でした!午後のプログラムでは、学生スタッフが学科での学びや実習体験についてお話しし、質問にもお答えしました。

 

2016.7.24. Sun.

オープンキャンパス2016

オープンキャンパス2016

 

「呼吸・心臓・腸の音を聞こう」

聴診器を使って、体の出すいろいろな音を聞く体験をしていただきました。心臓、血管、腸 etc. 体から発せられる音によって健康状態を見極められることもあるといった話に、皆さん熱心に聞き入っておられました。また、参加者同士で血圧を測り合ったり、結果について学生や教員から解説を受けたりと、さまざまな参加型プログラムをお楽しみいただきました。

 

2016.7.17. Sun.

オープンキャンパス2016

オープンキャンパス2016

 

「在宅看護ってなあに!」

認知症などの病気で苦しみながらも、住み慣れた家や地域で生活したいという人たちの思いを支援する在宅看護について、現状の解説などをまじえてお話ししました。
展示コーナーでは、小さく生まれた赤ちゃんのモデル、赤ちゃんの心配蘇生モデルなど、看護の学びに活かす多彩な教材を、皆さん興味津々に眺めておられました。

 

2016.6.12. Sun.

オープンキャンパス2016

オープンキャンパス2016

 

「体の音を聴いてみよう」

呼吸の音、お腹の音、血液が流れる音 etc. 専門の用具を使って体の中の音を聴く体験を実施しました。聴診器など、入学後に自分のものを持つことになる医療器具についての説明も行われ、熱心に聞き入る参加者の姿が多く見られました。

2016.5.15. Sun.

オープンキャンパス2016

オープンキャンパス2016

 

「赤ちゃんの抱っこと身体測定」

生まれたての新生児と変わらないサイズと重量で作られた人形を使い、赤ちゃんの抱っこを体験していただきました。正しい抱っこを修得したら、身長・体重を測ったり、心音を聴いたりといった身体計測にも挑戦。みなさん、慣れない手つきながらも一生懸命取り組まれた様子でした!

  

oc_img17_access_t1

oc_img17_ac_photo
オープンキャンパス開催時の無料送迎バスは10分~20分間隔で運行しております。バス乗り場までスタッフがご案内いたしますので、阪急箕面駅改札前でお待ちください。
※徒歩の場合阪急箕面駅より約20分

oc_img17_access_bt2
 

oc_img22_shiryo02

oc_img222_shiryo
oc_img22_shiryo02

学校見学も随時受付中!
オープンキャンパス開催日以外でも、個人・グループでのキャンパス見学を随時受付けています。 ご希望の方は入試広報課までお気軽にお問い合わせください。(月~金 9:00~17:00 祝日祭日を除く)

ページトップへ