球楽(きゅうらく)

  • 部員数:18名(女子マネージャー2名)
  • 活動日:毎週金曜日 13:00~
  • 活動場所:リズム室
  • 年間行事:忘年会(予定)
  • 活動実績:学内のフットサルチームとの試合(対外試合はこれから挑戦したい)

キャプテンにインタビュー

子ども教育学科3年次
小西 章央(コニシ アキラ)

あなたのクラブ・サークルについて紹介してください

球技の好きな仲間15人くらいで、2014年に発足した新しいサークルです。球技を楽しむ、という意味で「球楽(きゅうらく)」と名付けました。主にフットサルですが、バレー、バスケ、ドッジボールなど、ボールを使う球技なら何でもします。僕自身は高校の時にサッカーをしていましたし、バスケの経験者もいます。

大阪青山を選んだ理由

小学校教諭の資格が取得できる、大阪府内の学校を探しました。いくつかオープンキャンパスに行き、家から通うのに一番近く、駅からスクールバスもあって便利な大阪青山を選びました。

大阪青山の好きなところ・自慢できるところ

小規模な学校ならではの、親しい人間関係を築くことができます。他の学科にも仲間ができますし、先生と気軽に話せる雰囲気があります。小幼保の3つとも資格が取れるのは大きな魅力です。また、近くには有名な観光地である箕面の滝があります。

クラブ活動を通して得たこと・よかったこと

授業以外でも、体を思い切り動かすことができる機会をもてるのはとてもよかったです。

将来の夢・目標

小学生の時に出会った先生が、運動もでき、いろんな学科の勉強も教え、子ども心に「なんでもできる万能な人」という印象があり、自分も先生になりたい、と思うようになりました。その頃から現在に至るまで、将来は小学校教諭に、という夢を変わらず持ち続けています。人に何かを教える、ということが好きなので、教諭をめざすにはそこが強みであると思っています。アルバイトで週2回、地域のサッカーチーム(小・中学生)の指導をしていますが、その経験も将来に大いに役立てていきたいと思います。今は母校での教育実習を楽しみにしています。教員採用試験の勉強も始めています。

受験生へ先輩からひとこと

推薦入試での受験を考えている人も、大学に入ってからの授業にも必要となる、高校までの勉強は、しっかりしておいたほうがいいです。また、自分にとって必要な情報は、受け身ではなく、積極的に得られるよう、意識することが大切です。
小学生の時に所属していたサッカーチームのコーチが、人の目を見て話すこと、あいさつをきちんとすること、など礼儀に厳しかったのですが、それらが自然に身についたことは、今となってはすごく良かったと思います。

ページトップへ