ジャグリング

  • 部員数:3名
  • 活動日:昼休み・放課後(曜日は不定期)
  • 活動場所:中庭、4号館前、リズム室
  • 年間行事:地域の行事への参加、福祉施設でのボランティア

キャプテンにインタビュー

子ども教育学科3年次 上西 伸幸(ウエニシ ノブユキ)
健康栄養学科4年次 藤井 菜生(フジイ ナナセ)

あなたのクラブ・サークルについて紹介してください

部員の卒業により一時廃部になっていたのを、今年になって復活させました。視覚的にも楽しいので、外でやっていると、自然に人が集まります。面白そうだな、と思った人、一緒に楽しみましょう。部員を募集しています。

大阪青山を選んだ理由

上西:僕は大阪青山のオープンキャンパスには7回も来ました。その時に受けた「人を注目させる技術」という心理学の講義がとても面白くて印象に残りました。また自分が幼稚園児の頃から、年下の世話をするのが好きだったことと、生まれ育った地域の人々とのつながりの中で、子どもと関わる機会が多かったので、子どもと関わる仕事の資格が取得できる大阪青山を選びました。

藤井:管理栄養士の資格が取れる大学として目標を定め、いくつかオープンキャンパスを訪ねましたが、骨に関する講義が面白かったことと、学校全体の雰囲気が良かったので、大阪青山に決めました。

大阪青山の好きなところ・自慢できるところ

上西:経験豊富で話が上手な先生がたくさんいて、学びたい授業が多いです。勉強もそれ以外も、学生たちの力で頑張れる環境でもあります。自由にサークルを作ることができますし、気の合う友だちもできやすいです。

藤井:大学の先生は、授業で出席を取るだけ、というイメージでしたが、大阪青山は先生との距離が近く、なんでも相談でき、時間をかけて対応してもらえるので、わからないことはすぐに聞きに行っています。

クラブ活動を通して得たこと・よかったこと

昼休みなど、中庭で練習していると、学生や先生が、やってみたいと興味を示してくれたりして、コミュニケーションにも役立っています。また学外でも、子どもが楽しんでくれて、笑顔になることは、自分にとってもうれしいです。

将来の夢・目標

上西:幼稚園での実習を通して、学んだこと、頭で理解していることを実践に移すことのむずかしさを実感しました。また自信のないことに関してはあがり症なので、ピアノはとても緊張しました。今は資格を活かした仕事とはまた別の目標に向かって準備をしていますが、行き着くところは、子どもたちの笑顔が見られる仕事という目標は変わりません。

藤井:管理栄養士の資格と知識を活かし、食品に関する仕事がしたいと思っています。医療事務の資格も取得しました。実習や授業を通して学んだ、食事の大切さ、プロとしてやるべきことを踏まえ、活躍したいです。

受験生へ先輩からひとこと

上西:自分の中にぶれない芯を持ち、自分を見失わないようにしていれば、周りは関係ありません。いい先生がたくさんいるので、自分が興味を持てば、他の学科の授業を受けることもできますし、とことん疑問にこたえてもらえる大学だと思います。

藤井:管理栄養士は国家資格なので、合格までの道のりは厳しいですし、相当な焦りもありますが、先生方が試験対策のプランを立ててくださったりするなど、親身にサポートしてくれます。目標を掲げて進んでいける大学だと思います。

ページトップへ