板東 正己

更新日:

フリガナ
バンドウ マサミ(Bando Masami)
所属学部・学科
健康科学部 看護学科
研究分野
精神看護学,力動精神看護
研究テーマ
パタニティブルー,表情看護
取得学位
大阪教育大学大学院 健康科学専攻 学術修士
所属学会
日本精神保健看護学会,日本うつ病学会,日本精神科看護協会

主な研究業績(発行又は発表年月)

年月 研究業績
1981年3月 読売ジャイアンツの経営方針と,選手の商業化が今後のプロ野球に与える影響
2012年10月 我が児の誕生に伴う父親の心理的動揺と変化に関する実態調査 関西医療大学 紀要 Vol 6
2008年3月 ヒーリングベビーによる認知症高齢者とのコミュニケーションスキル開発の試み-ヒーリングベビー「たあたん®」を用いたスタッフの介入状況(第一報)- 第21回日本看護研究学会
2008年3月 ヒーリングベビーによる認知症高齢者とのコミュニケーションスキル開発の試み-ヒーリングベビー「たあたん®」に対する認知高齢者の反応 (第二報)- 第21回日本看護研究学会
2008年10月 ヒーリングベビーを用いたコミュニケーション場面におけるスタッフの介入内容と認知症高齢者の反応 第34回日本看護研究学会
2009年10月 摂食障害患者の理解と関わり 中・四国地区精神力動看護研究会
2011年 9月 不潔行為を繰り返す患者との関わり 関西地区精神力動看護研究会
2012年 6月 看護師におけるストレスとコーピング 精神科病院看護師の離職要因 第22回日本精神保健看護学会
2013年9月 うつ病が増えた原因および,最近のうつ病について 関西地区精神力動看護研究会
2014年6月 臨床に活かす表情看護 第24回日本精神保健看護学会
2015年6月 表情看護のすすめ 第25回日本精神保健看護学会
2016年4月 臨床看護における力動的精神療法アプローチ 関西地区精神力動看護研究会
2016年7月 表情看護 表情と他の非言語的行動の関連とその事例 第26回日本精神保健看護学会

その他の業績

年月 主な著書
2004年5月 看護師国家試験問題 サトラサービス社 共著
2004年5月 看護師国家試験対策参考書 サトラサービス社 共著
2008年5月 メディカコンクール看護師国家試験問題(解答・解説) メディカ出版,共著
2008年6月 コミュニケーションの展開方法について メヂカルフレンド社,共著
2011年1月 メディカコンクール基礎学力到達度チェックテスト解答・解説 メディカ出版,共著
2010年5月 精神科看護の非言語的コミュニケーションUP術 メディカ出版,編集
2012年3月 症状別・病態別25事例精神科看護技術マスター  日総研出版,編著
 2014年10月 表情看護のすすめ メディカ出版 編著
年月 社会活動
2004年7月・8月 実習病院看護部主催看護理論研修会 講師
2007年5月 関西地区精神看護研究会主宰・運営・司会(現在に至る)
2008年2月 大阪府認知症高齢者グループホーム協議主催 終末期ケアに関する研修会講師
2008年5月 大阪精神病院協会看護専門学校主催 看護研究研修会講師
2008年5月 中・四国地区精神力動看護研究会主宰・運営・司会(現在に至る)
第1回アジア・太平洋地区 カリタス研究会運営協力および研修 (ジーン・ワトソン博士主催)
2013年4月 日本看護協会看護研究査読委員
2013年6月 日本精神保健看護学会第23回日本精神保健看護学会 学術集会実行委員
2014年6月 高等学校出張講義 看護医療系の講義概要・職業との関連について
2014年6月 日本精神保健看護学会第24回ワークショップ企画・運営
2015年6月 日本精神保健看護学会第25回ワークショップ企画・運営
2016年7月 日本精神保健看護学会第26回日本精神保健看護学会 学術集会実行委員

職歴(西暦)

機関名・職名・役職名 就任年月 退任年月
吉村病院 1981.2 1991.9
国立大阪南病院 1991.10 1998.3
PL学園衛生看護専門学校 1998.4 2007.3
太成学院大学 2007.4 2009.3
関西医療大学保健看護学部保健看護学科 助教・講師 2009.4 2016.3
大阪青山大学 健康科学部 看護学科 講師 2016.4 現在に至る

[看護学科]教員紹介に戻る

ページトップへ