中西 康人

更新日:2017 年 7 月 13 日

フリガナ
ナカニシ ヤスト(NAKANISHI Yasuto)
所属学部・学科
健康科学部 健康栄養学科
研究分野
運動生理学、スポーツ科学
研究テーマ
運動に対する呼吸循環反応、自律神経活動と筋活動、運動とアンチエージング
取得学位
博士(学術)<神戸大学自然科学研究科>
Master of Science <Central Washington University>
所属学会
日本体力医学会、日本生理人類学会、健康運動指導士会

主な研究業績(発行又は発表年月)

・松島 正知、 中西 増代、 中西 康人、 植杉 優一、 矢野 澄雄 、伊東 太郎, “トランポリン競技の踏切における筋活動と滞空時間との関連” 体育・スポーツ科学, 2017, 26:31-36

・植杉優一,中西増代,中西康人,松島正知,渡邊完児,伊東太郎
“軽症糖尿病性末梢神経障害患者の歩行における足圧と下腿筋電図の特徴”,日本健康体力栄養学雑誌, 2017, 21:1-12

・Shimono S, Fukuwaka M, Nakanishi Y
“The possibility of slow training as a method to improve locomotive syndrome.”Journal of Strength & Conditioning Research, 2017, 31: 20-21.

・Kurii K, Kento O, Nakanishi Y. Journal of Strength & Conditioning Research, 2017, 31: 19-20.
” Eucalyptus smell does impact exercise duration.”

・Nakanishi Y, Kaneko M, Yoshimura C, Inoue S, Murakami T, Nethery VM.
“High intensity all-out exhausive exercise enhances taste sensitivity to sour but not to sweet compounds.”Journal of Osaka-Aoyama University, 2016, 8: 1-6.

・Nakanishi Y, Inoue Y, Ito T, Inoue S, Murakami T, Nethery VM.
“High-intensity, low-frequency, short-duration training positively impacts work capacity and cardiorespiratory fitness.” Jpn Journal of Health, Fitness, and Nutrition, 2015, 20(1):35-41.

・Nakanishi Y, Ito T, Inoue Y, Nethery VM.
“Exercise intensity differentially impacts sensitivity thresholds to specific tastes.” Journal of Biology of Exercise, 2015, 11(1), 69-80.

・Nakanishi Y, Ito T, Inoue Y, Nethery VM.
“The effects of low and high intensity exercises on four basic taste sensitivities.” International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism,2015, 25, 1.

・ Nakanishi Y, Ito T, Inoue S. Murakami T, Kasama M.
“The influence of fatigue caused by all-out exercise upon taste sensitivities.” Life Engineering Symposium, 2013, 433-434.

国際学会発表

・“The possibility of slow training as a method to improve locomotive syndrome.”, :Shimono S, Fukuwaka M, Nakanishi Y. 2017.1, 5th NSCA International Conference, Makuhari Messde, Chiba, Japan.

・” Eucalyptus smell does impact exercise duration.”, :Kurii K, Kento O, Nakanishi Y. 2017.1, 5th NSCA International Conference, Makuhari Messde, Chiba, Japan.

・“The effects of low and high intensity exercises on four basic taste sensitivities.” Nakanishi Y, Ito T, Inoue Y, Nethery VM. 2014.12, International Sports Exercise Nutrition Conference, Norethumbria University, Newcastle upon Tyne, UK.

・” The influence of all-out exercise upon aerobic capacity and taste sensitivities.” Nakanishi Y, Ito T, Inoue Y, 2014.5, American College of Sports Medicine 61st Annual Meeting, Orange County Convention Center, Florida USA.

その他の業績

・製品安全協会 野外活動用製品専門部会委員 (平成 28 年 5 月 ~ 現在に至る)
・平成 28 ~ 30 年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[C])(一般)課題番号 16K015280001「センサペグボードの開発と有用性の検討」, 研究分担
・日本私立学校振興・共済事業団 平成 26 〜 27 年度学術研究振興資金 採択番号39, 研究分担
・平成 24 ~ 26 年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究[C])(一般)課題番号 24570261「運動強度・運動量と味覚感受性との関係および加齢がその関係に及ぼす影響」, 研究代表
・第 5 回 レスキューロボットコンテスト 実行委員, 2003.8
・日本生理人類学会 奨励賞受賞 2000.6
・ロボットコンテスト 大学部門 世界大会 審判員, 1999.3・2000.3
 

職歴(西暦)

機関名・職名・役職名 就任年月 退任年月
同志社女子大学 現代社会学部・非常勤講師 2007.4 2011.3
大阪青山大学 健康科学部・准教授 2011.3 2013.3
大阪青山大学 健康科学部・教授 2013.4 現在に至る

[健康栄養学科]教員紹介に戻る

ページトップへ