海老原 清

更新日:2013年4月21日

フリガナ
エビハラ キヨシ(EBIHARA Kiyoshi)
所属学部・学科
健康科学部 健康栄養学科
研究分野
栄養化学、食品機能学
研究テーマ
ルミナコイドの栄養・生理機能、食品成分の機能性
取得学位
農学博士(名古屋大学)
所属学会
日本農芸化学会 中国四国支部支部長、理事(2005.4~2007.3)
日本栄養・食糧学会 中国四国支部支部長(2007.11~2010.10)、理事(2008.5~2012.4)
日本食物繊維学会 常任理事(2006.10~現在に至る)

主な研究業績(発行又は発表年月)

著書

食物繊維-基礎と応用(第一出版)2008
ルミナコイド研究のフロンティア(建帛社)2010
能性食品の作用と安全性百科(丸善) 2012
食品学(建帛社)2012

原著論文

Evaluation of non-digested carbohydrates in hydroxypropylated tapioca starch. J Food Sci 2010

Hypocholesterolemic effect of water-insoluble fish protein from Alaska Pollock in ovariectomized rats is not abolished by methionine addition. Brit J Nutr 2011

Lipid metabolism of orchiectmized rats was affected by fructose ingestion and the amount of ingested fructose. Brit J Nutr 2011

Degradation of pectin in he cecum contributes to bioavailability of iron in rats. Brit J Nutr 2011

Digestibility, fermentability, and energy value of highly cross-linked phosphate tapioca starch in men. J Food Sci 2011

Iron bound to pectin is utilized by rats. Br J Nutr 2011

Hypocholesterolemic effect of beataine is more effective in rats fed a high-fructose diet compared with high-starch and high-glucose diet. Jpn Pharmacol 2012

Hydrixypropylation of high-amylose maize starch changes the digestion and fermentaion-dependent parameters in rats. J Nutr Sci 2013

総説

1. 海老原 清:レジスタントスターチ・タイプ4の栄養・生理機能について
 食品加工技術(日本食品・機械研究会誌) 34: 34-42 (2014)
2. 海老原 清:レジスタントスターチの栄養・生理機能
 日本調理科学会誌 47: 49-52 (2014)
3. 海老原 清:食物繊維の栄養・生理機能について
 醤油の研究と技術 40: 145-151 (2014)

その他の業績

日本栄養・食糧学会 学会賞 2007
日本農芸化学会中国四国支部 功労賞 2008
日本食品新素材研究会誌学術委員 2000.6~現在に至る
栄養科学シリーズNEXT (講談社)シリーズ編集委員 1998~現在に至る
日本食物繊維学会学会誌編集委員長 2011.11~現在に至る
World Journal of Science, Editor 2011.5~現在に至る
International Journal of Food Science, Editor 2012.6~現在に至る

職歴(西暦)

機関名・職名・役職名 就任年月 退任年月
愛媛大学 農学部 助手 1974.4 1989.11
愛媛大学 農学部 助教授 1989.12 1991.6
愛媛大学 農学部 教授 1991.7 2013.3
大阪青山大学 健康科学部 教授 2013.4 現在に至る

[健康栄養学科]教員紹介に戻る

ページトップへ