学び close-up

幼保小の連携を視野に、複数の免許・資格の同時取得も可能な子ども教育学科。教育者にふさわしい人間性を養い、人生を自ら切り開く自立性を高める学びの内容をクローズアップ!

 「小学校教諭免許」「幼稚園教諭免許」「保育士資格」3 つの免許・資格の取得が可能

複雑化する現代社会。ここ数年、学校教育で重要視されているテーマの一つが「幼保小の連携」です。就学前の素地作りの必要性が高まり、幼児教育・保育と小学校教育の連携が、かつてないほどに求められているのです。そうした時代の流れに対応するため、大阪青山大学の子ども教育学科では、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の免許・資格を同時に取得できるカリキュラムを組み、こうした連携の中心となって活躍できる人材の育成に努めています。

資格取得に向けた実習の流れ

学びの柱

子ども教育学科では、様々な学問を分野横断的に学びます。その中で大きな柱となるのが、「保健」、「心理」、「芸術」、「福祉」、「体育」、「食育」の 6 つです。これらの学問を 4 年間かけてじっくり学び、自分の得意領域を持つことで、教育者としての確かな自信が培われます。また、これらの理解と修得を土台で支える「教育や科学についての確かな見方、考え方、その方法や技術」についても、入学後早い段階から身につけられるよう、さまざまな学習支援体制をしいています。

子育て支援室での活動

子ども教育学科では、地域の子育て支援にも積極的に関わっていける人材の育成をめざしています。「地域子育て支援実習」などの授業を通して、市町村が推進する事業、児童館や保育所、幼稚園を中心とした取り組みや、お母さんたちの子育てサークルの活動など、地域での子育て支援活動の現状を学ぶ機会を豊富に用意しています。また、キャンパス内に設置した「子育て支援室」を地域に開放。その活動に学生が参加することで、保護者との関わり方や家庭による子どもの育成環境の違いなど、実習やインターンシップだけでは得られないさまざまな情報を学びとることができるのです。

ページトップへ