製菓コースの実習紹介

在学中に製菓衛生師免許の取得が可能な製菓コースでの 2 年間。充実の学びを後押しする実習・演習の流れをご紹介します。

2 年間で 660 時間。現場で生きるスキルを確実に身につける

製菓衛生師の国家資格につながる必修の製菓実習 450 時間(近畿厚生局の規定:420 時間以上)に加え、大量調理販売やウェディングケーキ製作などを行う特別授業などの実習が 210 時間、トータル 660 時間の実習で、洋菓子・和菓子・製パンを幅広く学びます。

Chart_CD

実習のステップ

実習は、お菓子作りの経験がなくても安心の基礎的な内容からスタート。段階を踏んで着実にスキルアップし、在学中の製菓衛生師免許取得をめざします。卒業時には現場の即戦力としての知識、技術が身につく充実の実習カリキュラムです。

Step1 ユニフォームの着方を身につける

まずは、白衣、サロン(エプロン)の正しい着用の仕方から学びます。衣服そのものに汚れがないかもきっちり確認して臨みます。

この授業で学ぶ ☞

Step2 器具の使い方を教わる

入学と同時に手に入れる製菓器具セットは、包丁やパレットナイフ、ハサミやヘラ、絞り口金など 180 種類以上の道具を備えた本格的なもの。現場で使われているのと同じこれらの道具の遣い方や管理の 仕方を覚えたら、いよいよ実習のスタートです。

この授業で学ぶ ☞

Step3 製菓技術の基本を学ぶ

材料の分量を正確にはかる正しい計量、混ぜる、絞る、塗る、切るといった工程の適確な方法など、基本をしっかり学びます。

この授業で学ぶ ☞

Step4ベーシックなケーキを作る

まずはチーズケーキやシフォンケーキ、チョコレートケーキなど、お馴染みのケーキに挑戦!基本のケーキ作りを通して、工程の差による仕上がりの違いや、美しいデコレーションのコツなどにつ いても学んで行きます。

この授業で学ぶ ☞

Step5 大量の製菓・製パンにチャレンジする

2 年次になると、ケーキやパンの大量調理販売がスタート!3 〜 4 人のグループに分かれ、班ごとに違うものを作ります。ケーキは毎回約 300 個(ホールケーキは約 80 個)、5 〜 6 種類を作って学内レストランで販売します。パンやお菓子は、焼きたて、作り立てを詰め合わせて販売。限られた時間やコストの中でベストなものを提供するため、綿密な計画と迅速な作業、より良いものを仕上げるためのさまざまな工夫が求められる真剣勝負の実習です。

この授業で学ぶ ☞

ポーションケーキ

  • Perle de fromage パール ド フロマージュ
  • Tarte aux pommes タルト オ ポム
  • Cache Noir カセ ノア

ホールケーキ

  • Charlotte aux fruits シャルロット オ フリュイ
  • Martinique マルティニック
  • Tarte fraises タルト フレーズ

パン・お菓子

  • クロワッサン
  • クッキー、パイ、エッグタルト
  • 明太子フランス

Step6 いろいろなスペシャリティを身につける

洋菓子、ケーキ作りのほかにも、製パン、和菓子、マジパン、飴細工からラッピングの技術まで、幅広く学べるのも魅力です。各分野の第一線で活躍するスペシャリストが講師として実習を担当。プロの技を間近に見て学ぶことのできる貴重な実習です。

この授業で学ぶ ☞

  • 製パン
  • 和菓子
  • 飴細工
ページトップへ