調理製菓学科の食育活動

毎年、調理製菓学科では卒園を控えた幼稚園の年長組を対象とした食育活動を開催しています。
今年度も2月23日に実施いたしました

普段使い慣れているお箸ではなくナイフやフォークを使って食べる食べ方や、
西洋料理を食べるときのマナー、食べ物への感謝の気持ちを感じてもらう事を目的としています。

 

本学で調理したコーンスープ、ハンバーグ、付け合せ野菜、みかんゼリー、
パンを幼稚園にデリバリーして提供。
椅子の座り方、紙ナプキンの使い方、ナイフ・フォークの持ち方、
ハンバーグの切り方やスープの食べ方など、デモンストレーションを学生スタッフが行いました。

「食事の前には『いただきます』を農家さんや漁師さん、料理を作ってくれた人、
そして食べ物自身にも思いを込めて言いましょう。」と説明をし、
全員で『いただきます』をしてから食事を始めます

食事をするときには1班5~6人の班に学生スタッフや教員が1人以上担当し、
デモンストレーションでの内容を丁寧に伝えながら食べてもらいました。
園児たちは苦労しながらも一生懸命マナーを守りながら食事をして、
上手に食べることができるようになりました

 

最後には全員に紙のコック帽をプレゼント 喜んで帽子を被ってくれていました

「おうちでも料理をはこんだり、お手伝いをしてくださいね」というと
「はーーい」と大きな声のお返事

とても楽しい一日でした

 

生活科学科 食物栄養専攻 K
調理製菓学科 調理コース D


ページトップへ