AOYAMA通信 : 看護学科

看護学科「第 4 回看護学科学術講演会」開催報告

7月13日(金)、箕面キャンパス2号館大講義室において「第4回看護学科学術講演会」が開催されました。
今年度のテーマは「地域で生活する患者を支えるケア~「治す医療」から「治し支える医療」への転換~」でした。

日本の高齢化は、諸外国に例をみないスピードで進行しています。現在、65歳以上の人口は3,500万人を超えており、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年(平成37年)以降は、国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。

このため厚生労働省は2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

そこで、本講座では、地域で生活する患者を支えるケアについて学び、学生が在宅医療の推進の必要性について考える機会を提供することを目的として企画されました。

第 4 回 看護学科学術講演会

テーマ 地域で生活する患者を支えるケア
~「治す医療」から「治し支える医療」への転換~
開催日時 2018年 7 月 13 日(金)10:40 〜
開催場所 大阪青山大学 箕面キャンパス 2 号館 8 階 大講義室
講師 中嶋百合子 先生 (協立訪問看護ステーション 訪問看護認定看護師)
在宅での看取りを経験されたご家族の方
聴講者 健康科学部 看護学科 1・2・3 年次学生 / 教職員 約 210 名

久田学長による開会の挨拶に続き、講師の紹介が行われました。
最初の講師である中嶋百合子先生は、看護師として病院で勤務された後、在宅看護の道を志し、訪問看護認定看護師の資格を取得され、現在は協立訪問看護ステーションに勤務されています。
中嶋先生は、冒頭で日本の高齢化の現状や医療介護需要予測指数について話されました。さらに、地域包括ケアシステムとは何か、今なぜ地域包括ケアシステムなのかについて、詳しくかつ解りやすく講義されました。

地域で安心して自分らしく老いることのできる社会には、医療、介護、予防、生活支援、住まいの5つの要素のそれぞれを充実させる必要があります。在宅から再び在宅に戻ってくるように循環する形で、必要な時に必要なサービスが提供される体制が用意されていることが重要と話されました。
そして訪問看護師として、利用者さん(患者さん)が生ききることを支えるためには、どこで、誰と、どのように生きていきたいかを聴くことが大切と話されました。その人が生まれて今に至るまでを知ること、その人を取り巻く環境(人、物、金)を知ることが大切です。
さらに医療や介護、病院や施設、地域や家族などがケアチームとして連携している一例として、ターミナルケア協議会の写真を見せて下さいました。医師や訪問看護師はもちろん、保健師、薬剤師、ケアマネージャー、理学療法士など様々な職種が集まって情報共有をしている場面です。

また平成30年に改訂された人生の最終段階における医療のプロセスに関するガイドラインについても説明され、「QOD(クオリティ・オブ・デス)」を支える医療の在り方について「利用者さんや家族が主役、看護師は黒子」と話されました。

講義の最後には川西市にあるナイチンゲール像について紹介され、ナイチンゲールの著書である看護覚書に書かれている看護の基本に、常に立ち戻ることが大切であると締めくくられました。

次に登壇くださったのは、在宅で看取りを経験されたご家族の方(Aさん)です。
Aさんは、今年の3月に夫をがんで亡くされました。Aさんの夫が、がんと診断されるまでと診断されてからの経過、昨年の11月から5か月間、在宅で夫をケアした様子、子や孫などご家族の様子、訪問看護師や医師の様子などを話されました。また自作の絵本で、在宅ケアのお助けグッズの紹介もして下さいました。

昨年の年末までもたないと余命宣告を受けていたにも関わらず、在宅に移行すると元気になった夫について、その元気の源は、やはり自然体で普通の生活を送れたからではないかと話されました。

Aさんは途中、涙で声を詰まらせながらも気丈にお話し下さいました。聴いている側でも涙している者もあり、学生たちの心に深く伝わったようでした。
最後に「看取る方は非日常で大変さもあるが、やっぱり在宅で看取りをして良かった」という言葉で締めくくられました。

講演後には3 年次生から「実際の看護師さんやご家族からリアルな話を聴けて、理想的な講演だった」という感想があり、今回の講演を通して学生たちに訪問看護への新たな関心が生まれたであろうことが伺えました。
最後に、平澤学科長よりご講演頂いた中嶋先生およびAさんに厚い感謝の意が伝えられ、講演会は終了しました。ご講演くださいました中嶋先生、Aさんに、心よりお礼申し上げます。

Pocket

就職支援セミナー 2018 実施レポート#12

進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生を対象に、

さまざまなサポートプログラムを実施しています。

今回は、昨日に引き続き行われた2日目の看護学科4年次セミナーをご紹介します。

「履歴書の書き方2」
(自己PR・志望動機の作り方)

・日時:2018 年 4月 11日(水)
・対象:看護学科4年次
・講師:株式会社 I・CAN  濵口 桂 先生

昨日から2日に渡ってセミナーを行いました。
本日はエントリーシートや履歴書では欠かせない、自己PRと学生時代力を注いだ事の構築方法と志望動機の考え方
を本学ではお馴染みの濵口先生に指導していただきます。
病院のエントリーシート・履歴書は、一般企業と違う部分も多くあり、
90分をほぼフルに使って情報提供します。
使う事例も、講師の先生にすべて看護師用で準備していただきました。

どうして看護師になりたいの?~自分の考える看護観とは?~将来イメージする看護師像って?
過去・現在・未来をたどって自分に深く問いかけてストーリー化していきました。

ただ紙面に自分の情報を書くだけでは勿体ない。いかに読み手に伝わるかが勝負です。

看護師の卵から看護師として巣立つまで一年を切りました。
来年の今頃は看護師として希望する進路を自分の手で掴めているよう応援しています。

就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー

[進路支援センター 就職課]

Pocket

就職支援セミナー 2018 実施レポート#11

進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生を対象に、

さまざまなサポートプログラムを実施しています。

今回は、看護学科4年次のセミナーをご紹介します。

「集団面接対策」

・日時:2018 年 4月 10日(火)
・対象:看護学科4年次
・講師:株式会社 I・CAN 赤穂 幸子先生

看護学科一期生の就活がすでに始まっています。

本日のセミナーはクラス別に集団面接の対策です。

前半は注意事項と後半は実践練習でお辞儀や入退室を実際に行いました。

模擬面接では挙手制で募りましたが、すぐに定員が埋まり意識の高さが伺えます。

少しのレクチャーで本番さながらの模擬面接入退室の練習を実践しました。

とてもレベルが高い立ち居振る舞いや挨拶の仕方を見せてくれました。
見学していた同級生からも拍手が起こります。

さあ、明日は自己PRと志望動機の作り方のセミナーです。

1つ1つを積み重ね、
ますますの磨きをかけて本番に臨んで欲しいと願います。

就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー

[進路支援センター 就職課]

Pocket

就職支援セミナー 2018 実施レポート # 5

進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、
さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、 本学にセミナー講師としてお越しいただいている濵口桂先生による学外セミナーの模様をお伝えします。

「北浜@寺小屋」

・日時:2018 年 2 月 24 日(土)
・対象:大学 ・短期大学部全学科
・場所:株式会社I・CAN 研修室
・講師:株式会社 I・CAN 濱口 桂 先生

この日は5大学15名が参加しました。本学からの参加は健康栄養学科3年次1名です。
まずは自己紹介と就活の不安を発表しました。
その後にコミュニケーションワークツール『村のバス旅行(復路)』にグループで取り組みました。
自己紹介で発表した各々の不安に対してのミニレクチャーも挟みながら、
今回も寺小屋ではお題を決めないセミナーが手作りで進んでいきます。
この日の先生の言葉を紹介します。
「家に籠らないでください。
ここは就活で悩んだ時に同じ悩みを持った人が集まる場所です。
迷ったらここに来てください。」

就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー

学生が就活で立ち寄る場所の1つになりたい。
そんな先生の思いが詰まった北浜@寺子屋、次回予定の3月24日は本学から8名が参加します。
興味がある人は就職課までメールか来室してください。

[進路支援センター 就職課]

Pocket

12月11日(月)、看護学科2年次生の年に一度の調理実習が行われました。

看護学科2年次生にとって、年に一度の調理実習。健康栄養学科の藤原教授による特別授業が、去る12月11日(月)の午後行われました。看護の現場では、対象者が病気の方々であるため、消化の程度がとても重要になります。「全粥」や「半粥」を言葉では知っていても、実際に見てわからなければ知識として意味がありません。さらに、素材の特性も知る必要があります。自分で作って、目で見て、舌で味わう。“体験する”ことは、とても重要なことだと実感します。

実習室のホワイトボードに貼られた「本日の料理」の盛り付け&配置例。同じ食材で、健常者食と軟食を作ります。
健常者食のコンセプトは、「ま(豆)ご(ゴマ)は(ワカメ)や(野菜)さ(魚)し(椎茸)い(芋)」。
看護の調理実習 看護の調理実習

昆布からじっくり出汁をとり、野菜を食べやすい大きさにカットするなど、下準備をします。
看護の調理実習 看護の調理実習

卵豆腐も手作りです。1班5〜6人分を一気に作り上げていきます。柔らかい卵豆腐は6人分に切り分けるのも、ちょっとしたテクニックが必要。学生がやってみましたが、あえなく失敗。藤原先生にゆだねました(^ ^)
看護の調理実習 看護の調理実習

昆布とかつおでとった出汁を、ほぼ全ての料理に使います。カットした材料を入れて、コトコト煮込みます。
右のほうれん草の茎部分は、軟食では使用しない部位なのだそうです。いろいろと勉強になりますね。
看護の調理実習 看護の調理実習

4限目が始まる頃には、少しずつ料理が完成し始めました。使った調理器具などを洗い、盛り付けをしていきます。
看護の調理実習 看護の調理実習

白米や魚の調理方法を変えて作られた料理。全粥と煮魚の軟食(左)、焼き魚の健常者食(右)。消化がよくない椎茸も軟食では使いません。きのこ類は健康に良いというイメージですが、高齢者や代謝の良くない人には注意が必要なんですね。
看護の調理実習 看護の調理実習

出汁をとった後の昆布とかつお節で佃煮を作る藤原先生。これが一番好評だったかも(^ ^)
看護の調理実習

ここからは、完全なる病気の方への食事。極小の食感を少し残したタイプの軟食。左が野菜の煮物、右が魚。
看護の調理実習 看護の調理実習
看護の調理実習 看護の調理実習
こちらは完全なペースト状の料理。食べる力のない患者向け。看護ならではの調理のワンシーンといえるでしょう。こうして、実際の食事の違いを身を以て体験することで、看護の世界に一歩ずつ近づいていくのです。

オフィシャル Facebook ページもご覧ください!

オフィシャル Twitter ページもご覧ください!

オフィシャル Instagram ページもご覧ください!

Pocket

就職セミナーを行いました 実施レポート #14

進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、
さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、 1 年次生対象に行われた就職セミナーの様子をご紹介します。

実習前マナー

・日時:2017 年 7 月 17 日(月)
・対象:大学 健康科学部 看護学科 1 年次生
・講師:ハーリンクビジネス株式会社 鎌苅 啓子 先生

大学入学後、初めての学外実習を目前にマナー研修を行いました。
第一印象の大切さ、立ち居振舞いの基本を教えて頂き、訪問時の挨拶練習も実際に行いました。
角度を変えたお辞儀の練習も、最初はぎこちなかった姿もありましたが、
意識を変えると見違えるように美しいお辞儀となりました。
実習担当の方に教えて頂くときの言葉使いやクッション言葉をはじめ、
患者様に向けて使用する言葉も多く学べた内容となりました。

就職セミナー

昨今話題となっているSNSの取り扱いについても実習先では充分な注意が必要です。
一歩間違えると大変なことになることも事例を挙げてアドバイスいただきました。

就職セミナー就職セミナー

実際に患者様に接すると、学ぶことや成長することが多いと思います。
今日学んだマナーを活かして、「さすが青山の学生さん」と患者様に喜ばれる実習となりますように。

[進路支援センター 就職課]

Pocket

看護学科「第 3 回看護学科学術講演会」開催報告

7 月 14 日(金)、箕面キャンパス 2 号館 大講義室において、「第 3 回 看護学科学術講演会」が開催されました。
今年度のテーマは「神経難病患者の理解とケア ~ “ 看護の本質 ”を考える 〜」でした。
神経難病の多くが進行性疾患であり、患者や家族の苦悩は大きいため、医療従事者は、疾患の症状の進行だけでなく、患者を全人的に理解し支えていかなければなりません。
そこで、本講座では、神経難病の患者を理解し、その看護ケアについて学び、“ 看護の本質 ” について学生が考える機会を提供することを目的として企画されました。

第 3 回 看護学科学術講演会
テーマ 神経難病患者の理解とケア ~“ 看護の本質 ” を考える〜
開催日時 2017 年 7 月 14 日(金)10:40 〜
開催場所 大阪青山大学 箕面キャンパス 2 号館 8 階 大講義室
講師 藤巻 由実 先生 [千里中央病院 神経難病専門医]
松木 奈緒美 先生 [第二協立病院 看護師]
聴講者 健康科学部 看護学科 1・2・3 年次学生 / 教職員 約 200 名

塩川 学長による開会の挨拶に続き、講師の紹介が行われました。

最初の講師である藤巻 由実先生は、神経内科の専門医として長年脳神経疾患の臨床・研究に携わり、神経内科指導医、難病指定医等の資格を有されて、現在は千里中央病院に勤務されています。

「神経難病」とは何でしょう?と冒頭で学生に発問を投げかけられました。
難病とは「原因不明で治療方針が未確立であり、生活面で長期にわたり支障が生じる疾患」とされています。
その中でも神経難病は、多くの場合運動機能に著しい低下が生じ、罹患すると日々の生活に大きな困難が伴います。
藤巻 先生は、現在難病を取り巻く国の支援体制や治療に向けた研究はどのようになっているのかについて話されました。
さらに、神経難病の治療の取り組みや課題について、その代表的疾患としてパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic lateral sclerosis:ALS)、脊髄小脳変性症の紹介を軸に、詳しくかつ解りやすく講義されました。


真剣に耳を傾けメモをとる学生たち

医療従事者として、これらの疾病の特性をよく理解し、科学・医療技術の進歩と共に日々複雑化する治療の在り方に対応できる知識や経験を身につけることは必要なことです。
さらに、余命の告知など倫理的問題も密接に関係してくるこれらの疾患を診る現場では、患者さんの心の葛藤を受容し支援していくことも、重要な努めです。
つまり、患者さんの人生の背景を総合的な判断のもと適切な提案をしていくことを常に心にとめつつ、医療従事者にできることから始めていくことが大切であると締めくくられました。

次に登壇くださったのは、医療法人 協和会 第二協立病院で看護師を務める松木 奈緒美 先生です。
第二協立病院の障害者病棟には、現在 14 名の神経難病の患者さんがおられます(2017.6.25 時点)。
松木先生は、患者さんと関わる様々な分野のスタッフが意見交換を行うカンファレンスの模様から、患者さんのご家族との関わり、季節の行事を通して日々の暮らしを豊かにする工夫など、看護師としての取り組みをご紹介されました。
また、個々の患者さんとの関わりの中で精神的サポートによって病状が改善したケースなどの具体例も紹介されました。
松木先生が最も強調されたことは、患者さんの症状だけでなくその方のバックグラウンドを知ることが、適切な看護ケアにつながるヒントとなるということでした。
これは、患者さんの生い立ちや、元気だった頃の趣味、家族構成などを知った上で、個々の気持ちに寄り添った語りかけや心配りをしていくことです。
松木先生は、常にこのことを心がけていると語られました。
一方で、家族の介護疲労など病院だけでは対応しきれない問題も多く、地域社会や福祉も巻き込んだ包括的な取り組みが必要との訴えもあり、向き合うべき課題の多さを痛感しているともお話されました。
松木先生のお話は、今まさに医療現場が抱える看護と社会的な課題として、学生たちに伝わったようでした。

講演後の質疑応答では 2・3 年次生を中心に活発な感想、質問が飛び交い、今回の講演を通して学生たちに新たな関心や問題意識が生まれたであろうことが伺えました。

最後に、平澤 学科長よりご講演頂いた藤巻 先生および松木 先生に厚い感謝の意が伝えられ、講演会は終了しました。
ご講演くださいました藤巻 先生、松木 先生に、心よりお礼申し上げます。

[入試部]

Pocket

公開講座レポート「健康を繋ぐ 〜健康寿命という新しい考え方〜」

大阪青山大学・大阪青山大学短期大学部では、本学の擁する研究分野や大阪青山歴史文学博物館の豊富な資料を活かし、多彩なテーマで「公開講座」を開講しています。
本年度前期は、学園創立 50 周年を記念した特別講座を含む 8 講座を開講。
去る 7 月 6 日(火)、全体として第 4 回、50 周年記念講座として第 2 回目となる講座を、箕面キャンパスの講義室にて実施しました。
その様子をレポートします。

「健康を繋ぐ 〜健康寿命という新しい考え方〜」

・実施日時:2017 年 7 月 6 日(火)10:10 〜 11:40
・講  師:瀬戸口 要子(大阪青山大学 健康科学部 看護学科 教授)
・開催場所:本学箕面キャンパス 2 号館 視聴覚教室
・受講者数:45 名

男女とも平均寿命が 80 歳を超え、他に類を見ない程の短期間で超高齢社会を迎えた我が国では、社会制度の整備が追い付いていないのが現状です。
かかる環境下において、寝たきりや認知症などによる “ 要介護状態 ” でなく、自力で生活できる期間 ー「健康寿命」を、できるだけ長く保とうということが、クローズアップされてきました。
本講座では、この「健康寿命」について考えました。

公開講座公開講座
塩川 学長による挨拶の後、講義がスタート

『フレイル』というキーワードの説明がありました。
これは、「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態」をいいます。
人間誰しも、年齢を重ねていくと体のあちらこちらに “ ガタ ” がきます。
老化による機能低下は、避けることができません。
しかし、このフレイルには抵抗することができる、機能の低下を抑えることができるそうです。
そのために必要なことは、「バランスの良い食事」と「適度な運動」。
年齢が上がるとともにどうしても、食欲が無くなってきたり好みがあっさりしたものに偏ったりしがちですが、できるだけ意識して、一品二品増やして、また時々肉も食べましょう。そして、「少しでもいいので身体を動かしましょう」ということです。
運動機能の低下で、思うように身体が動かなくなってくるため、ついつい出かけるのが億劫になったり、じっとソファーに座ったままになったりしがちです。
しかし、ちょっと庭やベランダに出てみたり、近所を散策してみたりと、意識して毎日少しずつでも身体を動かすことが重要なことだとというお話がありました。
講座では、簡単にできる足腰のトレーニングの紹介があり、皆さんがトライされ「家に帰ってもやってみよう」という方もいらっしゃいました。

公開講座公開講座
実際にトレーニングを体験していただきました

受講生の皆さんは、講座終了後も残って個別に質問されたり、「もう少し具体的に健康維持法を知りたかった」というお声をくださったりと、大変熱心にご受講いただきました。
本当にありがとうございました。
本講座が、少しでもみなさまの健康ライフのお役に立てばと願っています。

[地域連携課]

Pocket

就職セミナーを行いました 実施レポート #6

進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、先月末に行われた就職セミナーの様子をご紹介します。

「キャリアデザインとは」

・日時:2017 年 5 月 25 日(木)5 限
・対象:大学 健康科学部 看護学科 1 年次生
・講師:ハートリンクビジネス株式会社 赤穂 幸子 先生

就職セミナー就職セミナー

看護学科 1 年次生にとって初めての就活セミナーです。
看護師になるためにこの 4 年間をどう過ごしていけばいいのか、目標設定はしていますか?
学生と生徒の呼び名の違いは何ですか?
皆さんは、何故専門学校でなく大学に入学したのですか?
リアルな問いかけに学生さんも、ただ毎日を受動的にしていてはいけない、能動的に行動しなくては。と気づきを持ってくれた様子です。
ただ看護師になるのではなく、どんな看護師になりたいのか。
とても大事なことですよね。
4 年後に理想の看護師像をもって羽ばたいてほしいと願います。

[進路支援センター]

Pocket

「塩川学修奨励金」、「団野源一学修奨励賞」授与式を挙行

4 月 18 日(火)、本学の学業成績優秀者に贈られる二つの奨励賞の授与式が行われ、塩川和子 学長から賞状が渡されました。
「塩川学修奨励金」は、大学・短期大学部の各学科において、人物に優れ、前年度(短期大学部は 1 年次)の学業成績が上位 4% 以内の学生に贈られます。
「団野源一学修奨励賞」は、勉学における努力の著しい学生の学業をサポートするため、健康科学部 健康栄養学科の初代学科長を務めた団野 源一 名誉教授が創設した健康栄養学科独自の奨学金制度です。

塩川学修奨励賞塩川学修奨励賞

塩川学修奨励賞塩川学修奨励賞

賞状は、塩川 学長から対象の学生一人ひとりに、直接手渡されました。
授与の後には、地道な努力に対する労いとともに、今後一層勉学に精進しつつ、学びと遊びのメリハリをきっちりつけて、充実した学生生活を送るべく激励の言葉が贈られました。
式典の終わりには学科ごとに記念撮影を実施。
学長を囲み、緊張気味だった学生たちにようやく笑顔が戻ったひとときでした。

塩川学修奨励賞塩川学修奨励賞
写真左:健康科学部 健康栄養学科/写真右:健康科学部 子ども教育学科

塩川学修奨励賞塩川学修奨励賞
写真左:健康科学部 看護学科/写真右:短期大学部 調理製菓学科

Pocket

1 / 3123
ページトップへ