レストランシュミレーション実習 調理コース 学生レポート #21

こんにちは!(^^)!レストランAOYAMAです!
調理製菓学科 2年次 技術クラスからお届けします。

私たち技術クラスでは、日本料理の試作を行いました。

9月27日の献立を紹介いたします(^^♪

*法蓮草長芋浸し(法蓮草・長芋・柚子・シューマイ皮)
*鷄照り煮 小芋 紅葉麩(鷄もも肉・小芋・紅葉麩・柚子)
*さごし味噌幽庵焼き(さごし・みょうが・蕪・青唐・白味噌)
*蓮餠菊花吸物(蓮根・菊花・三つ葉・柚子・白玉粉)
*しめじ御飯(しめじ・薄揚げ・海苔・米)
*抹茶シャーベット 小倉餡添え(抹茶・小豆)
を試作いたしました!!!

《鷄照り煮》の試作では、鶏を均一に平らに伸ばし、棒状に巻くことがとても大変でした。
きれいに巻けていても、切る作業では形が崩れてしまったりするため、丁寧に行いました。

鷄照り煮の甘い香りと紅葉麩で、秋らしい料理になりました。

《法蓮草長芋浸し》では、トッピングとしてのせるシュウマイの皮を細く切ることと、
長芋を千六本に切ることがとても難しく、包丁の技術が必要なため、どちらも苦労しました。

シュウマイの皮のパリパリとした食感と、法蓮草のきれいな緑色がよく映えた料理となりました。

《抹茶シャーベット 小倉餡添え》では、小倉餡は丁寧に時間をかけて作りました。
抹茶シャーベットの苦味と小倉餡の甘味が合わさり、甘いものが苦手な方でも食べていただけるデザートになりました。

今回は、後期最初のレストラン実習だったこともあり、作業がスムーズに行きにくかったことが反省点です。
ですが、大きな失敗もなく、みんなが笑顔で楽しく作業できたのでよかったです。
本番では、よりスマートに作業をこなせました。

次回もお楽しみに(*^_^*)

以上、調理製菓学科 調理コースでした。


ページトップへ